これに対し、小池知事は追悼文は毎年、慣

これに対し、小池知事は追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断すると答弁しており、都側はこの質疑が方針を見直すきっかけの一つになったと認めた。また、都側は虐殺者数について六千人が正しいのか、